【第1回】活動休止・解散した最高のロックバンドを紹介!FoZZtone篇

音楽
スポンサーリンク

 

みなさん、こんにちは。まるの(@maruno_blog)です。

今回は僕が選ぶ、悲しくも活動休止・解散してしまった最高のロックバンドを紹介していこうと思います。

今回は第1回。FoZZtone篇です。

僕が大好きでたまらなかった、今も色褪せないバンドです。

 

バンドを続けるのって大変です。

メジャーデビューしているバンドでもそんなに収入は多くありません。

金銭的な都合、人間関係の縺れ、解散してしまう理由はそれぞれです。

ぜひ聞いてみてください。きっとあなたの好きな音楽に出会えるはず。

そんなシリーズにしていきます。

スポンサーリンク

FoZZtoneってどんなバンド?

フォズトーンと読みます。

2001年結成。2015年、活動休止。

Vo/Gt.渡會将士率いるロックバンド。渡會は現在もソロで活動中。

彼は、日常の些細な出来事や感情を歌詞にして曲を作っているのが特徴で

言葉の一つ一つがとても胸に響きます。世界観が独特です。

素人ながら日常的に作詞作曲をしている僕は、彼の世界観にものすごく共感しています。

活動休止理由が、次回作の制作によるものみたいなので活動再開を強く願っています。

スポンサーリンク

おすすめの楽曲

①平らな世界

【歌詞つき】平らな世界(live ver) / FoZZtone[official]
(動画概要より)
埼玉の僕の実家あたりのことを歌いました。
当時はあまり地元が好きじゃなかったんです。
今はきっと違う歌詞が書けると思います。
vo.渡會将士

こういう何気ない日常の情景だったりを上手く歌にしています。

なんといってもこのYoutubeシリーズ、渡會さんの作曲背景にあるものを簡潔に綴ってくれてるのが最高。あー最高にかっこいい。

 

僕がこの曲で一番好きな歌詞がこちら↓

あらゆる想像に耐えうる心を養っとけ
誰かが言った筈なんだ
スケベな話の時だっけ

あらゆる想像に耐えうる心、それは大事うんうん。

⇒スケベな話からの受け売りかーい!っていう。

なんていうんだろう、かっこいい小綺麗な言葉でさえ遊び心があるというか

とにかくあこがれの存在です。

次!

②茶の花

【歌詞つき】茶の花(live ver) / FoZZtone[official]
(動画概要より)
日常を楽しむ為の刺激やアイデアはとても小さなもので良いと思うのです。
例えば、普段あまり使わない薬味を買ってみたりとか。
そんなささやかなことをやたらハイテンションに歌ってみた歌です。
Vo.渡會 将士
これぞ、渡會 将士!!!と言わんばかりの楽曲。
「茶の花が真っ白いことを朝のニュースで見た」ことを皮切りに切ないような恋愛模様を歌っています。
何の気もない、ただの日常からこんな歌詞が書けるんです。本当にかっこいい。
続いて最後!レッツゴー綾野剛!

③ひかり

【歌詞つき】ひかり(live ver) / FoZZtone [official]
(動画概要より)
ロックバンドのツアーは殆どバンドワゴンでの移動になるんですが、
ずっと昔に一度だけ、大阪からひとりで新幹線に乗って帰った時がありました。
その時に新幹線の中で書いた曲です。
この曲を歌っていると当時のことを色々思い出せます。
音楽が持っている明確な力の一つを、こうして体現出来ることはとても幸福です。
Vo.渡會将士
この曲もTHE・日常の切り取り。
ひかりってタイトルを見て、まさか新幹線の”ひかり”だなんて思わないですよね。
おそらく、新幹線のひかりと光を掛けたタイトルだと思います。
車内で独りきり。小さな葛藤だったりが描かれている楽曲です。

おわりに

いかがだったでしょうか。

解散や活動休止してしまったバンドを紹介するシリーズ第一回FoZZtone篇をお送りしました。

10年ほど前、僕が高校1年生だった時に知ってからずっとファンです。

活動再開を強く待っています。

素晴らしいロックバンドや楽曲はずっとファンの心の中で色褪せないと思っています。

僕はそれを思ってから以来、好きなバンドのライブにはなるべく足を運ぶようにしています。

いつ急に活動休止になってしまったり、見られなくなるか分からないからです。

みなさんの好きなバンドも、次がラストライブの可能性だってゼロではないのです。

ぜひ、ライブに足を運びましょう!!

 

今回はここまで!ここまでお読みいただいてありがとうございました。

 

Twitterの方、フォローよろしくお願いします!!

@maruno_blog

↓ランキング参加してます!ポチッとお願いします!↓