【必聴】最強のグルーヴを放つロックバンド『FIVE NEW OLD』を聴くべし。

音楽
スポンサーリンク

 

まるの
まるの

こんにちは、まるの(@maruno_blog)です!

今回は、『FIVE NEW OLD』というロックバンドについて。

ファイブニューオールドと読みます。

USポップにルーツを置きながら、リズミカルでなんともオシャレな楽曲を世に繰り出しているバンドです。

そんな彼らの曲は一度聴けば必ず中毒になること間違いなし!

ということで概要から参ります。

スポンサーリンク

FIVE NEW OLDってどんなバンド??

 

まずは彼らがどんなバンドか見てみましょう。

FIVE NEW OLD(ファイブ・ニュー・オールド)は日本のロックバンドである。

バンドコンセプトは「ONE MORE DRIP」(日常にアロマオイルの様な彩りを)。

2010年兵庫県神戸市にて結成。

2012年6月13日、初音源「LOVE SICK」をTWILIGHT RECORDSが新設したレーベルOCTAVE RECORDSの第1弾アーティストとしてリリース。

2017年、トイズファクトリーよりメジャーデビュー。

2017年7月12日、YOSHIAKI(Ba)が脱退。

2018年7月6日、サポートメンバーとして活動していたSHUN(Ba)が正式メンバーとして加入。

2019年4月、初の海外ツアー「ASIA TOUR 2019」を開催。

2020年、結成10周年。

引用:Wikipedia

 

2020年で結成10周年。

海外ポップロックにひっ迫するレベルの高さで、国内バンドの中でも少し頭抜けているのではないかと思っています。

日本のみでの活動ならず、アジアツアーを開催するなど近年活動の幅を広げています。

2018年には、タイの大型音楽フェス「CATEXPO5」にも出演した実績があります。

その映像はこちら。

FIVE NEW OLD(JAPAN) @CATEXPO5

オーディエンスもノリノリです。やっぱり音楽は国境を越えますね。

スポンサーリンク

FIVE NEW OLDのおすすめ曲

そんな彼らのおすすめ曲を紹介します。

彼らの音楽性は、初期のころはパンクロックバンドとしてスタートし、R&Bやソウルなどのジャンルに方向転換をしています。

リズミカルで踊りたくなるような曲を作るのが非常に上手いです。

曲は基本的に英詞ですが、ボーカルのHIROSHIさんには留学経験などはありません。

小さいときから洋楽が大好きでそこから身に着けたそうです。

これだけ流暢に歌えたら楽しいでしょうね。

それでは、おすすめ曲をどうぞ。

■Hole(1st album『LISLE’S NEON』収録)

FIVE NEW OLD / Hole【Official Video】

個人的にはこれが彼らの代表曲。

FIVE NEW OLDらしさが全て詰まったような楽曲になっています。

■What’s Gonna Be ?( 3rd album『Emulsification』収録)

FIVE NEW OLD – What's Gonna Be? 【Official Music Video】

個人的に一番大好きな曲。

思わず体が動き出してしまいそうなほどのPOPさ。

なぜもっと売れない????不思議で仕方ない。

■Ghost In My Place(2nd album『Too Much Is Never Enough』収録)

FIVE NEW OLD -Ghost In My Place-【OFFICIAL VIDEO】

こちらもFIVE NEW OLDらしさ全開の一曲。

ゴスペル要素だったりハウス要素なんかも取り入れて、バンドの転調期を思わせるようなアルバムでした。

FIVE NEW OLDを聴くならAmazon Music Unlimitedで!

  • FIVE NEW OLDの楽曲を全部楽しむことができる!
  • 30日間無料体験できる!
まず聴いてほしい曲■1st album『LISLE’S NEON』より
M1.Foxtrot
M3.Hole

■2nd album『Too Much Is Never Enough』より
M2.Ghost In My Place(Album ver.)
M5.Liberty feat.踊Foot Works
M7.Good Life feat.Stamp

■3rd album『Emulsification』より
M1.Fast Car
M4.What’s Gonna Be ?

30日間無料で聴けるのでぜひ、FIVE NEW OLDの楽曲に触れてみてください!

詳しくはAmazon Music Unlimitedの解説記事をご覧ください。
Amazon Music Unlimitedを使う価値について、最強と呼ばれる理由

FIVE NEW OLD|まとめ

今後も彼らの活動から目が離せません。

何よりもっと売れてほしいし、こういうバンドがもっと日の目を浴びるような音楽社会になってほしいですね。

感想などは、Twitter(@maruno_blog)でお待ちしています!!

なんでもいいのでコメントいただけると嬉しいです!

それでは。